SEO対策はキーワードに始まりキーワードに終わる

SEO対策はキーワードに始まりキーワードに終わる

SEO対策は英語の頭文字略号ですが、日本語では検索エンジン最適化という意味です。具体的には、検索サイトで、できるだけ検索表示が上位にされるような対策のことです。それには理由があります。キーワードに対する検索表示順位が、その後のビジネスの運命を変えてしまうからです。通販を例にとります。商品を購入する場合には、商品名を検索窓に打ち込んでから、表示される検索一覧より、めぼしいサイトをクリックしてから詳細を読みます。検索結果の上位にサイトが表示されると、その後、表示サイトがクリックされる確率が高まります。ある有名な大手検索サイトが公表しているデータがあります。それによると、検索直後のクリック率は検索表示ランクにより変動いたします。検索表示1位では、その後のクリック率が22.97%です。同様にして、2位が6.48%、3位が4.63%、などという結果が出ています。SEO対策はキーワードに始まりキーワードに終わるといわれる所以です。

通販ビジネスで何故SEO対策が大切なのでしょうか

インターネットの普及に伴って、通販を主体とするECビジネスの拡大には目を見張らされます。数年前のビジネス統計データですが、ECビジネスは、すでに年間7兆円クラスのビジネスに成長しています。それがどのくらいすごいかということを、簡単に示します。日本には大手と称されるゼネコンが5社存在します。大手5社ゼネコンの年間売上高は、全部合わせて10兆円余りです。その金額がいかに膨大であるか理解していただけるのではないでしょうか。通販ビジネスではSEO対策が命だといわれています。いったいそれは何故なのでしょうか。これは、検索サイトに表示される検索表示順位と密接な関係があります。特定のキーワードに対する、サイトの表示順位は検索サイト自体に依存しますが、検索サイト独自の検索エンジンで、サイトの善し悪しを判別しています。検索で上位に表示されないと、その後、サイトをクリックして、サイトの詳細を閲覧してもらえないからです。そのクリック率は検索表示1位で20%を超えます。SEO対策が命だといわれる道理です。